趣味や資格試験の事など、日常をダラダラと書く日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
--/--/-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

パシフィック・リム アップライジング

320.jpg

映画「パシフィック・リム アップライジング」の感想文です。


 「パシフィック・リム アップライジング(UR)」は太平洋の海底の割れ目から現れた異世界の巨大な怪物・カイジューと人類が作ったロボット兵器・イェーガーとの死闘を描いたSF映画「パシフィック・リム(パシリム)」の10年後の世界を描いた続編として公開されました。

 「パシリム」は2013年に公開されるや、特撮・アニメのファン達の熱烈な支持を集め、一躍人気作品となった映画です。続編の製作が発表されてから、監督のギレルモ・デル・トロ監督が降板したり、製作が中断たとの情報が入ったりと紆余曲折がありましたが後任のスティーヴン・S・デナイト監督もデル・トロ監督に負けず劣らずの特撮・アニメ好きとのことで、新作の公開が楽しみに待たれたのでした。

 さて「UR」の感想ですが、僕は楽しめました。パシリムの面白さのキモである「怪獣とロボットのプロレス的なバトル」は充分に見せて貰えましたから不満はありません。
 しかし、ネットでの感想は賛否両論という感じで、必ずしも前作の様な支持を集めていない様子です。

 これは「パシリム」に何を求めているのかによって評価が分かれるのではないかと思います。
 「パシリム」でのイェーガーとカイジューの戦いはCGで描かれてはいるものの、日本の特撮の着ぐるみ感を再現した様な見せ方でしたし、CGの粗が目立たない様に夜のシーンが多かったとのことでしたが、これが戦闘に重厚さを与えていた様に思えます。
 対して「UR」ではイェーガー達は滑らかに動き、昼間のシーンも多かった為に、テンポと爽快感が増していました。
 これは善し悪しではなく、もう好き嫌いなのだと思います。「怪獣プロレスの見せ方」として、往年の全日本プロレスの様な、間を取った、一発一発の重さや衝撃を重視するプロレスか、新日本プロレスのジュニアの様に、始めからクライマックスのテンポや疾走感を重視するか、受け手もどちらが好きか、という問題なんだと思います。

 ストーリー展開もテンポ重視だったので分かり易く気楽に観れたのですが、これにも「薄っぺらい」等の批判がある様です。

 「UR」が薄っぺらいかどうかは置いておいて、「若干の出し惜しみ感」があった様に感じたのは確かです。
 これは「パシリム」が単発の映画として、デル・トロ監督の特撮やアニメへの敬意や、やりたいことを思い切り詰め込んだ「特盛」の作品だったのに対して、「UR」はハリウッドのシリーズもののレールの上に乗った、今後の人気次第で色々と展開が出来る様な拡張性というか、余力がある様には見えました。
 この作り方は最近のアメコミの映画化作品にも見られて、他作品との関連付けや続編やスピンオフを匂わせる展開といった「その映画の中で完結しない感じ」に僕はストレスを感じていました。今回の「UR」にはその影を若干感じました。
 「UR」を低く評価している人は特盛を期待していたのに普通盛りが出てきたことの期待外れがあったのではないかと思います。

 パシリムのシリーズは減点法じゃなくて加点法で楽しむ映画だと思うので、自分の心の中の男子小学生と一緒に、頭を空っぽにして、映画の中の世界とドリフトして楽しむのが良いと思います。その為には吹き替え版の方がより楽しめる感じです。

スポンサーサイト

web拍手
2018/04/21 | 感想文(映画) | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

THE IDOLM@STER
プロフィール

マサ・ゴルミ

Author:マサ・ゴルミ
模型製作のこと
スポーツ観戦のこと
写真撮影のこと
資格試験のことなど
日常の色々を書き散らすブログです。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
FC2ブックマーク
ニコマス動画ランキング
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。